シルクについた茶色しみとります。

今日は、シルクジャケットの袖口についた茶色のしみ抜きをします。

ジュンアシダなどに使われる生地は、とても色彩鮮やかですが、色が流れやすいので注意しながらはじめましょう。

20141201-140004.jpg
見た感じ、食べ物のシミのようですね。

では、しみ抜きの基本、油性処理からやってみましょう。

今回は、リモネン(オレンジオイル)系のしみ抜き剤を使用します。

オレンジオイルは、酸化してしまった油をとるのに効果的で、生地にも優しいので気に入っています。
変に、アルコールが入ったしみ抜き剤を使うと、色が流れ出すので注意が必要です。

20141201-140456.jpg
慎重に油性処理を終えたら、
シルク用に調整した漂白剤を塗っていきます。

20141201-140842.jpg
黒い所につかないようにね。実は、ここが結構むずかしい。
しみ抜き剤が、横にはしっていかないように工夫が大切です。

20141201-140931.jpg
熱をかけて、化学反応を促進します。

20141201-141437.jpg
反応させたら、中和させてよくすすぎます。

20141201-141545.jpg
はい、できあがりです。

キレイに落とすことできました。

シルクのしみ抜きは、他のクリーニング店ではお断りされたり、
もうこれ以上落ちませんとお返しされる事が多いようです。

もし、お困りがあればご相談ください。

Follow me!

初めてご利用されるお客様に500円分の金券プレゼント中!

当店を初めてご利用されるお客様にドライクリーニング500円分の金券をプレゼントします。
当店をご利用の際には会員登録が必要ですが年会費は無料です。
お預かりした品物をしっかりと管理いたしますのでご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です