水が付いただけなのにシミになる場合の対応策とは

 防水加工

衣服に雨があたったり水がはねたりすと、その部分がシミになってしまうことがあります。

付いた水が乾けば元通りになると思いますが、

衣類の表面が汚れていたりすると濡れた跡が消えずシミとなって残ることがあるのです。

雨水の場合は純粋の水ではなく、大気中の汚れを含み、酸性雨と呼ばれる状態のときもあります。

その影響でシミになってしまったり、時には変色をもたらしてしまうことがあります。

イヤですよね、たんなる雨だから乾くとなくなるものだと思ってました。

そこで、突然の雨などの防止対策としてガード加工(水をはじく撥水)をおすすめします。

ガード加工って知らないよ?って方も、スキーウェアーに加工する撥水加工としてご存知なのではないでしょうか。

シロヤのガード加工は強力で、水だけでなく油もはじきます。

スキーウェアーに限らず普段のお洋服にもネクタイにもセーターのようなニット類にも加工ができるんですよ!

ガード加工をしておくと、もし汚れがついても繊維の奥に浸透するのを抑えてくれるので洗濯時の汚れ落ちも良くなります。

大切な衣類に付くシミや汚れを色々はじいて守ってくれるので、

食べこぼしが多い方(あ、すみません。笑)

試してみてはいががでしょうか~~☆

 

 

 

Follow me!

LINE@友だち追加で300円クーポンプレゼント中!

【お友だちになると、とっても便利にお得になります。】
*今なら、LINE@限定300円クーポンがもらえる。
*セールやイベント情報が届くのでチャンスを逃さない。
*お店に行かなくてもトークで相談できる。
*トークに写真を送って簡単見積もりができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です