日本の洋服より欧米の洋服が色が鮮やかな理由とは?

フランスやイタリアでは

みなさんは「イタリア・フランスなどの製品は鮮やかなのに、なぜ日本の製品には、

鮮明な色が少ないの?」

と感じた事はありませんか??それには理由があります。

 

日本の洋服は海外の洋服より品質規格が厳しい

日本製には・・

〔日本工業規格〕によって、定められた染色の耐久性に関する試験があります。

この試験は、定められたレベルが高く・耐久性が高い製品を商品化する傾向にあり、

耐久性の低い鮮やか色の製品が少なくなりがちです。

繊維には・・

本来の色があり、鮮やかな色を出すためには、本来の色を完全に隠さなくてはなりません。

欧米では

その人の〈キャリア・ライフスタイル〉によって、自然に色が落ちて変化しても、気にしない人が多いそうです。

日本人は、

一般的に✩新品感覚✩へのこだわりがあるようです。

その結果、耐久性は高いが・染色は本来の色を選んでしまうのです。 

これは、もともと日本は着物文化であり欧米の洋服文化とは違う感性なのかもしれません。

 

Follow me!

初めてご利用されるお客様に500円分の金券プレゼント中!

当店を初めてご利用されるお客様にドライクリーニング500円分の金券をプレゼントします。
当店をご利用の際には会員登録が必要ですが年会費は無料です。
お預かりした品物をしっかりと管理いたしますのでご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です