テンセルは白っぽくなるのは何故?

繊維先生

テンセルとは

「テンセル」という商品名の素材が昨今、婦人服を中心に多く使われていますので、

みなさんも、よく見かけるようになったのではないでしょうか?

「テンセル」は、衣料品に付いてる組成表示では、

「繊維素繊維」や「リヨセル」となっていることもあります。

原料は、レーヨンなどと同じ木材パルプで肌触りが良く、

ブラウスなどにするとドレープ性が良いという特徴があります。

また、植物繊維あるという事から、綿にも似た風合いがありジーンズ調の素材としても使われ、

汎用性も高くとても優れた素材です。

独特な風合いも見逃せません。

 

テンセルの短所

テンセル繊維は、摩擦に弱く・一本の繊維が枝毛状態になりやすいという性質(毛羽立ち)があります。

このことを、白化〔フィブリル化〕現象といいます。

そのため、関節部分の擦れやすい箇所に注意しなければなりません。

紺など濃い色は、繊維の表面が毛羽立ち白っぽく見える様になってしまうのです

何かこぼした時に、濡れたタオルでゴシゴシ拭くなんてもっともやってはいけません。

乾いたら、びっくり!白くなっちゃった!ってなことになってしまいます。

シミがついたら、プロにまかせるのが無難でしょう。 特に色が濃い洋服は・・・・。

 

 

Follow me!

初めてご利用されるお客様に500円分の金券プレゼント中!

当店を初めてご利用されるお客様にドライクリーニング500円分の金券をプレゼントします。
当店をご利用の際には会員登録が必要ですが年会費は無料です。
お預かりした品物をしっかりと管理いたしますのでご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です