洋服を購入する時に「組成表示」のチェックは大事!

洗濯表示

組成表示は、

衣服などの素材の種類とその割合を示したもので、

洗濯絵表示と一緒に必ずラベルに表示する事が義務付けられています。
(時々、誤表示で回収になったりしています)

衣服に使われる素材は、

綿、毛、レーヨン、ポリエステルといったなじみのある繊維の他に、

合成皮革、人工皮革、毛皮や皮革など多種多様です。

組成表示は、縫付けラベルに表示されている場合だけでなく、下げ札についているだけという事もあります。

この下げ札は必ず保管するようにしましょう!

そして、クリーニング店を利用するときに受付で提示して頂けると助かります。

ファッション性の高い洋服には、新素材や特殊素材が使われます。

クリーニングの際は素材の特性をよく理解しているクリーニング店を選ぶ必要があります。

新素材などは、まだあまり安定していないことが多いです気を付けて下さい。

 

ちょっと難しいけど、参考までに

繊維の分類と名称(指定用語)

 

※ 一緒に洗濯表示もチェックしてください。 洗濯表示はこちら

Follow me!

初めてご利用されるお客様に500円分の金券プレゼント中!

当店を初めてご利用されるお客様にドライクリーニング500円分の金券をプレゼントします。
当店をご利用の際には会員登録が必要ですが年会費は無料です。
お預かりした品物をしっかりと管理いたしますのでご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です