ドライクリーニングの良し悪しの決め手!

良いドライクリーニングとは

ドライクリーニングってどこも同じと思われがちですが、

実はぜんぜん違うんですっていうはなしにお付き合いを・・・。

では、

クリーニング屋さんで行われるドライクリーニングは、

水ではなくドライ溶剤といわれる有機溶剤が使われます。

なので、お家での洗濯のように汚れたお水を捨ててしまうことができないんです。

では、どうしているのか?

循環してフィルターや活性炭で汚れを取り除きドライ溶剤を再利用しています。

この溶剤管理がとても大切になります。

汚れたドライクリーニング溶剤で洋服を洗うと、

逆汚染(再汚染)や異臭、色移りが発生してしまうからです。

溶剤管理は、ドライ溶剤が汚れていないかを随時チェックし、

いつもキレイな溶剤で洗えるように管理することが大切になります。

しかしながら、残念なことに溶剤管理をおろそかにしているクリーニング店も結構あります。(残念です。)

その理由は、溶剤管理に手間とコスト、経験が必要になるからです。

クリーニング店でドライクリーニングで洗って、洋服が黒ずんだり、変な臭いがしたことはないですか?

その場合は、溶剤管理が出来ていない可能性があります。

臭いの原因としては、

乾燥不十分なケースとドライ溶剤に溶けている汚れが付着している場合(逆汚染)などが考えられます。

キレイな溶剤で洗い直せばなおすことはできますが・・・

クリーニングをした洋服から変な臭いがしたときは、

溶剤管理が出来ていない可能性がありますので気を付けましょう。

溶剤管理こそがドライクリーニングのキモです。

シロヤでは、検査試薬やチェックセンサーだけでなく

永年培われてきた目、鼻などの五勘をフル活用で管理していますのでご安心ください。

万一、気になる時があったらご相談ください。

 

 

Follow me!

LINE@友だち追加で300円クーポンプレゼント中!

【お友だちになると、とっても便利にお得になります。】
*今なら、LINE@限定300円クーポンがもらえる。
*セールやイベント情報が届くのでチャンスを逃さない。
*お店に行かなくてもトークで相談できる。
*トークに写真を送って簡単見積もりができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です