皮脂汚れ・保管中に黄ばみが

 

冬場は皮脂の分泌量が多いので衣類にたっぷり皮脂が付いてしまいます。

窓ガラスに手を触れたり、油取り紙に肌を付けただけでべっとりしますよね。

冬物衣類を汚れたまま保管すると大変なことになりますよ!冬の分泌量は夏の1.4倍の皮脂が付いてしまうと言われています。

衣類に付いた汚れは、はじめのうちは無色でだんだんと繊維の奥に浸透していきます。

梅雨や夏場の高温多湿などの場所で保管すると皮脂は酸化され黄ばみとなりますので気をつけましょ~

                                     北田♪

Follow me!

初めてご利用されるお客様に500円分の金券プレゼント中!

当店を初めてご利用されるお客様にドライクリーニング500円分の金券をプレゼントします。
当店をご利用の際には会員登録が必要ですが年会費は無料です。
お預かりした品物をしっかりと管理いたしますのでご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です